1. TOP
  2. リーダーのビジネス書
  3. 『本田宗一郎との100時間』(著)城山三郎(しろやま さぶろうし)

『本田宗一郎との100時間』(著)城山三郎(しろやま さぶろうし)

ゴルフ不況と言われる中、6年連続で増収増益を記録しているゴルフショップ運営「ゴルフパートナー」石田純哉(いしだ じゅんや)社長が強く影響を受けたビジネス書

『本田宗一郎との100時間』(著)城山三郎(しろやま さぶろうし)

本田宗一郎氏に100時間にわたり密着取材。少年時代から晩年にいたるまで、本田氏の核心を描いた一冊。

特に印象的な箇所は…
『バイクの売れ行きが悪く、ホンダは創業以来の危機に陥ったときでも、世界的な大レースであるTTレースへの出場を宣言。「たいへんな目標だ。だからこそ、チャレンジするんだ」と。勝つためのバイク開発に情熱を注ぎ、出場3年目で優勝。そして経営も立て直した。』
石田社長は「社員を鼓舞しながら危機を乗り越えるところは胸が躍った。経営者は経営が厳しいときに、社員と一緒に盛り上げることが必要だと思った」。

実際のビジネスで活かされている例は…
「本田宗一郎氏は引退後、全国の営業所や工場、アメリカの工場まで訪れ、お礼行脚を行った。」
このことから、店舗を訪れた際は、アルバイトスタッフなどと気さくに会話したり、従業員とのフランクな関係を大切にしている とのこと。

Amazonで内容をチェック


by
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト(モーサテ)」【リーダーの栞】より