1. TOP
  2. リーダーのビジネス書
  3. 『巨いなる企て』(著)堺屋 太一

『巨いなる企て』(著)堺屋 太一

様々な空間をデザイン・プロデュースする「乃村工藝社」榎本修次(えのもと しゅうじ)社長が強く影響を受けたビジネス書

『巨いなる企て』(著)堺屋太一

元通産省の官僚時代に大阪万博を企画しプロデュースした堺屋太一氏による、徳川家康と石田三成が戦った関ヶ原合戦を現代の視点から描いた歴史小説。
圧倒的な兵力をほこる家康に対して、兵力が及ばない三成がどのようにして互角の戦いに持ち込んだのか、知恵や戦略を描いたベストセラー。

榎本社長が特に影響を受けた一節は…「大義名分、弘宣衆知(ぐせんしゅうち)、象徴」、大義を掲げ、情報を収集し、象徴的な物をつくる。

Amazonで内容をチェック


by
テレビ東京「ニュースモーニングサテライト(モーサテ)」【リーダーの栞】より