1. TOP
  2. ビジネス用語
  3. OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)

OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)

職場での実務を通じて従業員の教育訓練を行う方法。

【使用例】
『きみのOJTの指導担当は山田主任です。』

人によって成果に差が出ないように、研修項目を明確にし、それに適ったプログラムを作成して、スケジュールに沿って行うのが望ましいとされる。新人・若手対象だけでなく、近年は管理職向けOJTも増えてきている。