CATEGORY 打合せ

受け取った名刺のNG例

名刺はその人の「分身」と言います。 相手に不快な印象を与えないように、丁寧に扱いましょう。 名刺入れに入れず、胸ポケットやかばんにしまう。 (手帳型のスマホケースに入れるのもNGです。) 相手の名刺を折ったり、やたらと触…

「プレップ法」で説得力をアップしよう!

商品の営業やプレゼンをする際に求められるのは説得力。 説得力を高める手法のひとつに「プレップ法」があります。 「プレップ法」とは… P=Point(結論) R=Reason(理由) E=Example(事例、具体例) P…

会社訪問時の「コートやマフラー」のマナー②

席に着いたとき、カバンやコートは自分の足元に置く。 席に着いていきなり、テーブルや空いている椅子に自分の荷物を置くのはやめましょう。 コートを勝手にかけるのも厳禁です。 特に先方から勧められない場合は、自分の足元に置きま…

会社訪問時の「コートやマフラー」のマナー

訪問先では、コートやマフラーなどは脱いでから入る。 自分から訪問する場合の良いマナーとは、訪問前から始まっています。 訪問先に到着したら、身だしなみのチェックや携帯電話のチェックはするのに、コートやマフラーをうっかり着た…

お客様に腰かけて頂く場合の正しい伝え方

誤→「どうぞ、お座りください。」 正→「どうぞ、お掛けください。」 お席をすすめる際、「どうぞお座りください。」という方がいらっしゃいますが、 犬のしつけとして使われる“おすわり”と同じ言い方になってしまうため、 人によ…

打ち合わせ中に供されました、飲み物の扱いマナー

お礼を言って、出来る限り残さず全部飲むのが最も礼儀にかなっている。 相手は好意で出してくれています。ありがたく全部頂くのが礼儀にかなっています。苦手な飲み物であってもひとくちはつけるのが礼儀です。身体的理由で飲めない時は…

名刺交換の最中に名刺が切れた際のマナー

「申し訳ございません、あいにく本日は名刺を切らしてしまいまして」と丁重に非礼を詫び、口頭で社名・氏名を告げて、相手の名刺を両手で受け取り、会釈をする。 そのうえで次回会ったときに前回の非礼を重々詫び、改めて名刺を渡します…

新規の取引先に打合せに出かける際、事前準備のマナー

●資料・名刺等は会合の予定人数以上の数を用意しておく。 ●訪問する会社の所在地近辺の地図、相手方の連絡先を携帯しておく。 HP等で訪問先の代表的製品やサービスなどある程度の情報を仕入れておくのが礼儀です。他に事前準備とし…

手土産を持参した際のマナー

手土産は紙袋から出して渡す。 手土産を渡すのは正式な挨拶の後です。紙袋は埃よけの意味があるので、相手が望む等の特別な理由がない限りは渡した側が処分します。先方の近所で購入したことが知られてしまうと、御座なりととられ、礼を…

名刺交換のマナー

名刺交換は必ず立って行う。社名・所属・氏名を名乗って渡し、受け取るときは「頂戴いたします」と言って受け取る。 基本的には両手で渡し、両手で受取るの礼儀ですが、最近は同時交換が多く、その場合は右手で差出し、左手で受取ります…

名刺交換しました。交換した名刺の扱い方マナー

もらった名刺は名刺入れの上に置き、テーブルの上に置いておく。 交換相手が複数の場合は、最上位の役職者の名刺を名刺入れの上に置き、他の名刺は座席順に対応させて並べておきます。広げた資料で置き場所がなくなった等のときはさりげ…

商談中に、取引相手から質問を受けましたが、はっきりとした回答ができません。その際の適切な対処マナー

はっきりとしたことがわからなければ、回答期限を明示したうえで、きちんと調べてから正確な回答をする。 はっきりしたことがでわからなければ、丁寧に詫びたうえでその場での回答を保留してください。不正確な情報で強引に商談を進めて…

取引先を接待します。事前準備のマナー

●参加者は、先方の役職・人数を考え、接待する側もそれに合わせてバランスを取る。 ●日程は繁忙期を避け、複数の日程を先方に提案する。 ●手土産は高価すぎないものを準備する。 接待は先方の嗜好に合わせるのが基本です。しっかり…