1. TOP
  2. コラム
  3. 海外のビジネスマナーあれこれ

海外のビジネスマナーあれこれ

「Two-Pizza Rule」(by アメリカ)

会議は2枚以上ピザが必要な人数で開かないというルール。アマゾン創設者ジェフ・ベゾス氏が提案。
大人数で会議をやると効率が悪い。2枚のピザでみんなのお腹が満たすルールでしようと決めた。アマゾンはこのルールで無駄を省いて成長したと言われている。

「You will be fired」(by アメリカ)

職場の女性を1対1で食事に誘うのは恋愛の領域。強引に誘うとセクハラ。
アメリカには左遷の概念がない為、即刻「You will be fired.」クビになるかも…

「韓国式ビジネスマナー」
儒教の教えが根付いている為、年長者を敬うのが基本。

①初めて挨拶する際、年齢を教え合う

「A会社の佐藤と申します。30歳になりました」

②商談の前にまず世間話をする

そこから相手の人となりを知って見極める。

③同じ会社でも年長者には役職と敬称をつける

日本式は…「弊社の鈴木は…」
韓国式は…「弊社の鈴木部長様は…」となる。

中国人へのNGプレゼント

置き時計、傘、扇子、梨、靴、ネクタイ、バナナetc

中国語の発音が不吉な言葉と同じ為、NGプレゼント。
傘(サン)は「散(サン)=別れる」、梨(リー)は「離(リー)=死に別れる」。

中国の酒席マナー

●乾杯後、グラスはすぐ飲み干し、飲み干した杯を見せ合う。

●人前で泥酔をさらけ出すのは恥ずかしい行為。

韓国の酒席マナー

●箸をつけるのは年長者から

●取り皿は使わず直接食べる

最近は直箸で取ることへの抵抗が若い人達で増えている。

●器は持たず置いたまま食べる

●年長者へのお酒のつぎ方は、左手を右腕に添えたり、左手を胸に充てながらついだり、瓶に両手を添えたりする

●目上の人の目を見続けながら話を聞くのは失礼

異論や敵対心があると思われる。


by
テレビ東京『モーニングサテライト「あさ7時のビジネスドラマ」』