1. TOP
  2. 経済用語
  3. 3C

3C

3Cとは、Customer=市場・顧客、Competitor=競合、Company=自社の三つの言葉の頭文字をとったものです。

企業が、市場環境の変化を分析し、経営戦略を立てる際に利用する枠組みで、3C分析とは、これら現在の事業環境を分析し、経営課題の発見や企画の立案に活用するためのツールのひとつです。
主にマーケティングの分野で利用されていた手法ですが、有効な経営分析ツールとして広がっていきました。

分析のポイントは、Customer=市場顧客については、市場の規模や成長性、顧客ニーズ、購買決定の過程など、Competitor=競合については、競合市場における競争相手の数や規模、各社の長所・短所・パーフォーマンス、競合する製品やサービスの特徴など、Company=自社については、自社の商品やサービス・技術力・営業力・人材や財務体質等の経営資源や売上高・利益率、市場におけるシェアや企業イメージなど、の観点でそれぞれの分析を行います。