1. TOP
  2. 経済用語
  3. 360度評価

360度評価

360度評価とは、上司や部下・同僚・他部署等、多方面からいろいろな角度での視点を通して、対象者を評価・観察する手法です。

複数の人間により評価が行われるため、客観的で公正な評価が期待されます。上司から部下まで、さまざまな視点での評価が得られるため、従来の人事評価では出てこなかった、新たな評価がなされることもあります。

周囲の評価をフィードバックすることで、対象者に意識改革を促し、新たな能力の開発やスキルを会得するための情報としても役だてます。
また、評価対象者本人も自己評価を行い、周囲の評価との違いを認識します。
導入がうまくいけば、有益な成果を上げる360度評価ですが、しばしば、同僚同士で互いに気を遣って評価が甘くなりがちである、社内の上下関係が影響する、あるいは評価者が評価者としての訓練を受けていないために、適切な評価がなされない恐れがある、などの欠点が指摘されています。