1. TOP
  2. 経済用語
  3. SWOT分析(スウォット、スオット)

SWOT分析(スウォット、スオット)

SWOT分析とは、企業の経営戦略の策定に用いられる、分析手法のひとつです。
SWOTは、Strength=強み・Weakness=弱み・Opportunity=機会・Threat=脅威のそれぞれ頭文字をとったもので、これらの要素を用いて現状分析を行い、経営戦略の立案に役立てます。

「強み」「弱み」とは自社の内部要因、つまりマーケティング力や生産技術・効率、営業力、販売力、研究・開発から財務体質、経理等々、経営資源の強い部分、弱い部分のことです。

「機会」「脅威」とは外部環境、つまり経済状況や技術革新、人口動態、関連法規から法的規制、政治動向、環境問題などのマクロ要因と競業他社、市場、取引先業者などのミクロ要因の経営戦略に影響を与える外部的な要因のことです。

これらの要因をマトリクス表に書き込んで、経営戦略分析を行い、市場変化への対応を検討するのが一般的です。
また、要因や戦略は内部的にも外部的にもライバル企業との相対関係で決まってきます。