1. TOP
  2. 経済用語
  3. エリア・マーケティング

エリア・マーケティング

エリア・マーケティングとは、それぞれの地域の特性に対応して、きめの細かいマーケティング活動を行うことです。

これまでのマス(一般的な大衆)を対象にした画一的で一律のマーケティングではなく、多様化するニーズと成熟した市場に対応するために必要な、市場の細分化戦略といえます。
その地域特有の生活環境や生活習慣、気候・風土・自然条件や歴史などに基づいた地域性、商圏の経済環境や商業の慣習などを把握・分析し、店舗づくりや商品構成・品揃え、広告活動などに反映させます。

全国的な大手企業でも、地域によって製品が異なっていたり、地域限定商品があったり、全国規模の外食チェーンが地域によって違うメニューを提供していたり、また西日本と東日本では、好みに応じて食品の味が違っていたりするのも、エリア・マーケティングの成果といってもいいでしょう。