1. TOP
  2. 経済用語
  3. グローバル・スタンダード

グローバル・スタンダード

グローバル・スタンダードとは、世界標準・世界基準、あるいは国際標準規格のことで、特定の国や地域など限定された範囲ではなく、世界的規模で普及・定着している基準や規格、規則を示します。

通常は、ISO等、工業規格、技術の国際標準規格や会計基準を指していたのですが、経済の国際化,ボーダーレス化に伴って、金融システムや経営システム・経営手法など国際的に共通している理念やルールのことも含めて示すのが一般的になりました。

欧米、ことにアメリカの方式がグローバルスタンダードとして普及していることが多いのですが、経済が国際化するなかで、しばしば日本独自の技術やシステムに対置する言葉として使用されます。
しかし、マネジメントの手法や経済システムの「グローバルスタンダード」に関しては、国際的な取り決めによるルールがあるわけでなく、その普及率の根拠も曖昧であるという指摘もあります。

また国際機関などで決められた規格ではなく、市場において民間企業の決めた規格や技術などがグローバルに広がり、事実上の標準となったものはデファクト・スタンダードといいます。