1. TOP
  2. 経済用語
  3. ニッチ

ニッチ

ニッチは一般的には窪み・隙間のことで、ここからニッチ市場とは特定のニーズを持つ小規模な市場のことを指します。
大企業が進出しない小さな市場や、潜在的な需要が存在しながらビジネスの対象とされていないような分野、競争相手のいない分野であり、隙間市場ともいいます。

ニッチ市場の需要は、特定の用途・目的に特化したニーズであり、市場が小さいことから収益効率が悪く、大手よりもベンチャー企業が進出しやすい市場です。
ニッチ市場にフォーカスした戦略をニッチ戦略、ニッチビジネス、その商品をニッチ商品やニッチサービスなどと呼びます。
近年では大手企業もニッチ市場のマーケティングを行い始め、実際に参入もしています。

例えば、個人ごとに細かいニーズが存在する保険などの金融商品や、パソコンや自動車など趣味的要素も強い商品は、ユーザーが商品をカスタマイズすることを前提としたうえで、あらかじめカスタマイズ市場を織り込んで、商品を売り出しています。
この種の多様性のあるサービスや商品の提供は、情報技術の発達により可能になったといってもいいでしょう。