1. TOP
  2. 経済用語
  3. リレーションシップ・マーケティング

リレーションシップ・マーケティング

リレーションシップ・マーケティングとは、顧客との良好な関係を長期的・継続的に築くことで、持続的な取引関係を保とうとするマーケティング手法のことです。

市場内の不特定の顧客の購買よりも、常連客の購買程度を重要視する考え方で、自社商品・サービスの愛用者に対象を絞って、満足度を高め続けていくような働きかけをしていきます。つまり、リピーターの確保がリレーションシップマーケティングの目的であるといっていいでしょう。

この背景には、「売上の8割をもたらしているのは、上位2割の得意客である」といういわゆる80:20の法則があるとされています。

成熟市場においては、新規顧客の獲得は困難であり、獲得コストも高いものになります。
従って、特定の顧客の顧客満足度を引き上げ、関係を維持していくほうがコスト的に有利であり、長期的な視点でみると企業の継続的な利益の増加につながると考えられます。