1. TOP
  2. 経済用語
  3. ワン・トゥ・ワン・マーケティング

ワン・トゥ・ワン・マーケティング

ワン・トゥ・ワンマーケティングとは、顧客一人ひとりの嗜好や属性に合わせて、個別にマーケティングを行っていく手法で、購買履歴や消費者の属性などのデータを基にして、個別の顧客に最適化されたアプローチを行おうという方法論です。

大量生産・大量流通を前提に、不特定多数の消費者を対象にしたマーケティング手法であるマス・マーケティングでは、現在の多様化する消費者ニーズに対応することは限界があります。
特に、成熟し、縮小が予想される国内の市場においては、個別の消費者ニーズに、きめの細かいワン・トゥ・ワンマーケティングで対応していくことが重要になってきます。