1. TOP
  2. 経済用語
  3. サプライチェーン・マネジメント

サプライチェーン・マネジメント

サプライ・チェーン・マネジメント( Supply chain management、略称SCM=供給連鎖管理)とは、複数の企業を横断する形で、資材調達から生産・在庫・販売・物流と、原料供給業者から最終消費者に届くまでの業務プロセスや情報を共有・統合し、その一連の流れを・効率化・最適化するためのマネジメント手法のことです。

主にコンピュータシステムを用いて需要予測をし、それに応じて生産量の調整が行われます。生産や在庫管理、物流などの効率化を実現し、需要変動に柔軟に対応することで、リードタイム(発注からは納品までの時間)の短縮を目指します。

供給側からすれば、過剰供給や過剰在庫の防止になり、消費者の側からすれば、欲しい商品がタイムリーに供給されることとなります。

SCMの代表的な例としては、アパレル業界のQRや食品加工業界におけるECRがよく知られているところです。