1. TOP
  2. 経済用語
  3. 株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(PBR)

株価純資産倍率(以下PBR=Price Book-Value Ratio)とは、1株あたりの純資産に対する株価の倍率を示したもので、純資産の面から株価を測る投資基準であり、会社の資産内容や財務体質を表す指標です。

純資産とは、会社の資産総額から負債総額を差し引いたものです。もし株式会社が解散した場合、株主は、持ち株数に応じて純資産を分配してもらう権利がありますから、1株当たり純資産は、企業の解散価値ともいえます。

株価純資産倍率の計算式は次の通りです。
株価純資産倍率 = 株価 ÷ 1株あたり純資産
*1株あたり純資産(BPS)は、純資産総額 ÷ 発行済み株式数で求められます。

1株あたり純資産が分母で株価が分子ですから、純資産が増えたり、株価が下がったりすれば、PBRは下がりますし、純資産が減ったり、株価が上がったりすれば、PBRは上がります。

PBR=1倍のときは、株価と解散価値(1株当たり純資産)が等しいときです。
もしこのとき会社が解散すれば、株価と同じ金額がそのまま戻ってくるので、投資リスクはないことになります。つまり資産面から見れば、PBRが低いほど株価が割安であるとということになり、その企業への投資のチャンスということになりますね。