1. TOP
  2. 経済用語
  3. 経常利益

経常利益

経常利益とは、企業における通常の経済活動の結果、毎期、経常的に発生する利益のことです。「けいつね」とも称されます。
本業で稼いだ営業利益に、主に財務・投資活動による損益を加算して算出します。
計算後の数値がマイナスになった場合は、経常損失といいます。

式にすると次の様な計算式で表されます。
経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 営業外費用

*営業外収益とは主に、受取配当金、仕入割引、有価証券の売却益、受取利息などです。
*営業外費用とは主に、割引料、有価証券売却損、社債や借入等の支払利息などです。

経常利益は、本業はもとより、財務活動・資産運用や借金など、企業の総合的な収益力を最もよく示す数値であり、経営状態や採算性を判断するための一般的な指標として用いられています。金融機関が重視する指標でもあります。