1. TOP
  2. 経済用語
  3. 秘密保持契約(NDA)

秘密保持契約(NDA)

秘密保持契約(NDA)とは、企業取引などで、一般に公開されていない自社の秘密情報を他社(他人)等に開示する際、取引相手がその機密情報を第三者に漏洩するなどの行為をしないよう求める契約のことです。機密保持契約、守秘義務契約とも呼ばれます。

秘密保持契約を締結する際は、秘密情報の内容の特定(なにが秘密にあたるのか)や開示範囲の設定(どこまで・誰まで、情報を開示してよいか)、さらには機密事項の使用目的、情報の秘密保持期限などをきちんと定めておくことが重要となります。
これらのポイントを明確に定めておくことが、後々のトラブルを防止することに繋がります。

現在は、ソフト開発などのIT関連分野の契約に関しては、契約内容に秘密保持が盛り込まれるのが当然になっていますね。

秘密保持契約に違反すると、損害賠償請求などが発生しますが、行政や裁判所など公的な機関の開示要求や法律上開示義務がある場合などは、違反行為には当たらないとする場合が多いようです。