1. TOP
  2. [イ] 「申し訳ございませんが、この仕事のこの部分はわかるのですが、こちらの部分が少々わかりかねますので教えていただけませんか」

[イ] 「申し訳ございませんが、この仕事のこの部分はわかるのですが、こちらの部分が少々わかりかねますので教えていただけませんか」

質問はまる投げではなくて、わかる部分とわからない部分を明確にしてからするようにしましょう。わからない部分がある場合はやり直しの手間を考えて、独断でやらず、最初に質問してから作業に入ってください。

<Q26『業務に関する質問をするとき、適切な質問の仕方はどれですか。』

Q28『上司から指示を受ける際に適切と思われる態度はどれですか。』>