1. TOP
  2. [イ] 相手方の伝達事項をメモに記録し、最後にメモを読みながら復唱確認し、電話を切る。

[イ] 相手方の伝達事項をメモに記録し、最後にメモを読みながら復唱確認し、電話を切る。

メモはあて先、先方の会社名・氏名・電話番号、用件の内容、伝言メモ作成の日付・曜日・時刻、受付者名を記録します。また聞き間違いの多い数字、地名、店名や固有名詞の漢字はしっかり確認してください。

<Q36『電話を受けたとき時の適切な対応はどれですか。』

Q38『○○物産の××さんから自社の田中課長に電話があったとき、どのように取り次ぎますか。』>