1. TOP
  2. [ア] まず「申し訳ございません」と謝り、出られない理由を簡単に告げ、「いかがいたしましょうか」と相手に判断をまかせる。

[ア] まず「申し訳ございません」と謝り、出られない理由を簡単に告げ、「いかがいたしましょうか」と相手に判断をまかせる。

「いかがいたしましょうか」といったん相手に判断を委ねておき、相手の反応に応じて、こちらからかけなおす、戻るまで待ってもらう、用件を承るなど臨機応変に提案します。

<Q38『○○物産の××さんから自社の田中課長に電話があったとき、どのように取り次ぎますか。』

Q40『電話で呼び出された担当者が不在です。しかし先方は大変急いでいる様子です。適切な対応はどれですか。』>