1. TOP
  2. [ウ] 「こちらからご連絡できずに申し訳ございませんでした」と詫びてから、用件の続きに入る。

[ウ] 「こちらからご連絡できずに申し訳ございませんでした」と詫びてから、用件の続きに入る。

向こうからかけ直してもらった場合は、たとえこちらに非がなくても、まずは丁寧にお詫びの言葉を述べてから、さきほどの用件の続きに入るのがマナーです。

<Q44『携帯電話で話すときの適切な行動はどれですか。』

Q46『ビジネスメールにおいて、手紙のような頭語・結語を入れた方がよいでしょうか。』>