1. TOP
  2. 電話対応
  3. 電話の切り方マナー

電話の切り方マナー

かけたほうが先に切るのが基本だが、相手が顧客や目上の人間の場合は相手より後に受話器を置くのが礼儀にかなっている。

要件が終わったら「失礼いたします」「よろしくお願いいたします」等、かけた側も受けた側も切りやすい文句で締めくくりましょう。受話器を置くときはフックを軽く指で押さえ、静かに置くのがよいマナーです。