1. TOP
  2. 雑学
  3. 「セブンイレブン鈴木会長」全然売れない3万8千円の布団を売れるようにした話。

「セブンイレブン鈴木会長」全然売れない3万8千円の布団を売れるようにした話。

セブンイレブンの生みの親、”鈴木敏文会長”のイトーヨーカ堂時代のエピソード。

18,000円と38,000円の羽毛布団を並べて販売していたところ、18,000円の布団はよく売れたが、38,000円の羽毛布団はほとんど売れなかった。
そこで38,000円の布団が売れるよう策を施した。

価格を下げたり、特別なプロモーションをしたり、琴線に触れたポップを作ったりした訳ではなく、売り場にちょっとした工夫をした。

より高価な58,000円の羽毛布団も並べて販売したのだ。
途端に効果覿面。38,000円の羽毛布団が一番売れるようになったとのこと。

うな重の松竹梅で竹が一番でるのと同様の心理でしょうか。


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo