1. TOP
  2. 雑学
  3. 就職時の身元保証人の責任って?

就職時の身元保証人の責任って?

親戚や知人の子供が就職する際、その身元保証を頼まれることがあります。
借金の保証人などと違い、気軽に引き受けがちですが、この身元保証とはどのようなものなのでしょう。

じつはこれ、単なる身元の保証に止まらず、保証した人物が会社に損害を与えた場合、保証人が賠償する、という契約なのです。
とはいっても、身元保証法では、保証人が不当に重い責任を負わされないように配慮しています。

身元保証人に責任が生じる恐れがあるときや被用者の任務・任地を変更したときは、会社は、身元保証人に通知する義務があり、身元保証人は、これにより、保証契約を解除することもできる、としています。

また責任を負わなければいけないケースでも、その軽減が図られています。
身元保証契約の有効期間は、定めがない場合は3年、期限を定める場合でも最長5年で、もちろん有効期間外の事象については責任はありません。

それでもやっぱり心配ならば、安易な身元保証は避けることが賢明かもしれませんね。


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo