1. TOP
  2. 雑学
  3. 高田馬場駅(新宿区)の雑学・歴史・文化

高田馬場駅(新宿区)の雑学・歴史・文化

高田馬場には多くの大学、専門学校、予備校があり、学生街として賑わっています。
早稲田大学へ向かう早稲田通り沿いには、学生向けの飲食店や古本屋などが数多くあります。

高田馬場駅から早稲田大学までは、東京メトロ東西線で最寄りの早稲田駅まで行くことができます。
徒歩だと30分ほど掛かりますが、高田馬場駅から大学まで歩くことを早稲田生は「馬場歩き」と呼び、歩いて通う学生も多くいます。

もともと高田馬場とは、現在の西早稲田三丁目の早稲田通りに面した一角にあった江戸幕府の馬場の名でした。
ここは後に赤穂浪士(あこうろうし)となる堀部安兵衛(ほりべ・やすべえ)の仇討で有名な「高田馬場の決闘」が行われた地でもあります。

現在の高田馬場駅がある場所の地名は本来は戸塚でしたが、1910年(明治43年)に駅が開業した際に、駅から1キロほど離れた場所にあった史跡の高田馬場を駅名に採用したのです。
駅の開業後は、駅名に合わせて次第に駅周辺が高田馬場と呼ばれるようになります。
その結果、1975年(昭和50年)に駅周辺の地名が高田馬場となり、逆に本来の高田馬場があった場所は西早稲田三丁目という住所になりました。

ちなみに高田馬場の読みですが、史跡の高田馬場は慣習的に「たかたのばば」と呼ばれ、付近の通称地名もこのように呼ばれていましたが、現在では駅名等の浸透により「たかだのばば」が一般化してきています。

現在、高田馬場駅の発車メロディには、手塚治虫の代表アニメ『鉄腕アトム』の主題歌が使われています。
これは、手塚プロダクション本社が高田馬場にあることと、主人公アトムが高田馬場で誕生したという設定になっていることにちなんでいます。
早稲田口の高架下には手塚治虫の作品キャラクターを並べた壁画もあります。

また近年、高田馬場近辺には在日ミャンマー人が多く住むようになり、「リトル・ヤンゴン」と呼ばれる日本最大のミャンマー人コミュニティを形成するようになっています。

高田馬場駅周辺

エンリケさんによる写真ACからの写真


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo