1. TOP
  2. 雑学
  3. 目白駅(豊島区)の雑学・歴史・文化

目白駅(豊島区)の雑学・歴史・文化

目白の駅名は江戸五色不動の一つとして知られた目白不動尊の名に由来します。
もともと目白不動は駅から東へ2キロ以上離れた目白坂上(現在の文京区関口二丁目)にありました。
現在の目白駅がある場所は高田村でしたが、1885年(明治18年)に日本鉄道品川線(品川―赤羽駅間)の駅として開業した際に、駅名として目白が採用されたのです。
これは、同時に開業した目黒駅との関係ではないかといわれています。

そもそも江戸五色不動とは、江戸時代に三代将軍の徳川家光が選定したとされる5箇所の不動尊のことで、目白不動のほかにも、目黒、目赤、目青、目黄の不動尊があります。
なかでも目白と目黒は有名で、江戸時代には地名にもなっていました。

現在の目黒駅がある場所も、目黒不動がある本来の目黒村とは離れた大崎村でしたが、目白と同時に開業した際に、駅名として目黒が採用されました。
このことから、目白と目黒はセットで駅名とされたのではないかと考えられています。
ちなみに目黒駅は現在も目黒区ではなく品川区にあります。

目白駅周辺

ponpokoponさんによる写真ACからの写真


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo