1. TOP
  2. 雑学
  3. 大崎駅(品川区)の雑学・歴史・文化

大崎駅(品川区)の雑学・歴史・文化

大崎は1901年(明治34年)に日本鉄道品川線の駅として開業しました。
大崎とは本来、現在の目黒駅付近(上大崎)から五反田駅付近(下大崎)の地名でした。
大崎駅周辺は、もともと居木橋(いるぎばし)という地名でしたが、駅の開業当時には近隣の村と合併して大崎村となっていたため、この駅名となりました。

大崎という地名の由来としては、秩父山地から続く台地の外れにあるため尾崎となり、これが転訛して大崎になったという説や、昔はこの辺りまで海で、東京湾に大きく突き出た岬だったことから大崎となったとする説などがあります。

大崎は目黒川沿いの工場地帯とともに発展してきました。
以前は駅周辺にソニーや明電舎などの工場が点在していましたが、現在では再開発により一大ビジネス街に変貌を遂げています。

きっかけは1982年(昭和57年)に東京都から大崎副都心に指定されたことでした。
1980年代後半より始まった大崎駅東口地区の再開発によって、まず1987年(昭和62年)に大崎ニューシティ、1999年(平成11年)にはゲートシティ大崎といった複合施設が開業しました。

さらに2002年に埼京線と湘南新宿ラインの停車駅になり、東京臨海高速鉄道りんかい線の終点駅(起点は新木場駅)となって埼京線との直通運転が開始されると、駅の利便性が飛躍的に向上し、交通の要所として開発が加速します。

大崎駅西口地区では、2007年(平成19年)に明電舎跡地にThinkPark(シンクパーク)、2011年(平成23年)にソニー旧大崎西テクノロジーセンター跡地にソニーシティ大崎(現在はNBF大崎ビル)、2014年(平成26年)には大崎ウィズシティといった複合施設が続々オープンし、周辺の整備が進んでいます。

大崎駅周辺

TECHDさんによる写真ACからの写真


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo