1. TOP
  2. 雑学
  3. 恵比寿駅(渋谷区)の雑学・歴史・文化

恵比寿駅(渋谷区)の雑学・歴史・文化

「ちょっと贅沢なビール」として有名なヱビスビール。
恵比寿駅の名前の由来はなんと、このヱビスビールにあります。

1889年(明治22年)、現在の目黒区三田一丁目に、サッポロビールの前身である日本麦酒醸造会社の工場が完成。
その翌年から「恵比寿ビール」という銘柄の商品が発売され、人気を博しました。
その後、工場は現在の渋谷区恵比寿四丁目まで拡大。
ビール出荷量の増大に伴い、1901年(明治34年)には日本鉄道品川線(現在の山手線)の工場隣接地にビール出荷専用の貨物駅が開設されました。
この駅が商品名の恵比寿ビールにちなんで「恵比寿停車場」と名付けられたのです。
1906年(明治39年)には貨物駅の北側で恵比寿駅として旅客営業を開始。
当時、駅があった場所の地名は下渋谷でしたが、次第に駅や工場の周辺が恵比寿と呼ばれるようになり、1928年(昭和3年)には正式に町名にまでなりました。
現在では駅の発車メロディとして、ヱビスビールのCM曲となっている映画『第三の男』のテーマ曲が採用されています。

現在の恵比寿駅は、山手線のほか埼京線と湘南新宿ラインが停車し、東京メトロ日比谷線と接続しています。
一昔前の恵比寿はサッポロビールの工場が中心で、庶民的な下町の風情を残す街でした。
この街が大きく変貌を遂げたのは1994年(平成6年)、ビール工場跡地の再開発事業として恵比寿ガーデンプレイスが開業してからです。
今ではお洒落なレストランやバーなども多く集まり、高級住宅地である広尾、白金、代官山に程近いこともあって、落ち着いた大人の上質なライフスタイルを実現できる街として人気となっています。

恵比寿駅周辺

waiwai31さんによる写真ACからの写真


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo