1. TOP
  2. 雑学
  3. 原宿駅(渋谷区)の雑学・歴史・文化

原宿駅(渋谷区)の雑学・歴史・文化

原宿駅には普段は使われていないホームがあります。
駅の西側にあるホームは「臨時ホーム」と呼ばれていて、代々木公園に接しています。
このホームは明治神宮の参詣用で、年末年始の参詣シーズンのみ使用されます。
駅の北東にあるホームは「宮廷ホーム」と呼ばれていて、天皇陛下専用のものです。
このホームは1925年(大正14年)に大正天皇のために作られ、「お召し列車」の発着に使われてきましたが、現在はあまり使われていません。

原宿駅は1906年(明治39年)、日本鉄道が国有化される直前に、現在地より500メートルほど北側の場所に開業しました。
当時は利用客は多くありませんでしたが、1920年(大正9年)に明治神宮が造営されると、参拝客の増加とともに原宿駅は発展していきます。
1924年(大正13年)には駅の場所も現在地に移り、現在のイギリス風木造駅舎が建てられました。

駅名の原宿は江戸時代以前からあった地名で、鎌倉と奥州を結ぶ鎌倉街道沿いにあり、宿駅が置かれていたことが地名の由来とされています。
ただし現在の原宿駅の住所は渋谷区神宮前で、地名としての原宿は1965年(昭和40年)に消滅してしまいました。

それでも原宿の名は現在、流行の発信地として知られています。
竹下通りには、若者向けのファッションブティックを中心に、雑貨屋や軽飲食店などの小さな店舗が多く集まっています。
一方、明治通りや表参道には大手の有名店舗や高級ブランド店が立ち並んでいます。
また、神宮前三丁目と四丁目の渋谷川遊歩道一帯は「裏原宿」と呼ばれ、個性的な店舗が軒を連ねています。

こうした「原宿」のネームバリューの大きさもあり、原宿駅に近接する東京メトロ千代田線・副都心線の明治神宮前駅では、2010年(平成22年)から駅名に〈原宿〉を併記・併称しています。

原宿駅周辺

ponpokoponさんによる写真ACからの写真


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo