1. TOP
  2. 雑学
  3. 代々木駅(渋谷区)の雑学・歴史・文化

代々木駅(渋谷区)の雑学・歴史・文化

代々木は1906年(明治39年)に甲武鉄道(こうぶてつどう)の駅として開業しました。
同年、甲武鉄道が日本鉄道とともに国有化され、現在の中央本線の駅となります。
その後、1909年(明治42年)に山手線の停車駅となりました。
現在は山手線と中央・総武線各駅停車が停車し、中央線快速・埼京線・湘南新宿ラインおよび特急列車は停車しません。
2000年(平成12年)からは都営地下鉄大江戸線の接続駅となっています。

代々木の駅名は、近隣にあった旧代々木村に由来します。
現在の代々木駅の住所は渋谷区代々木ですが、本来この地は旧代々木村ではなく旧千駄ヶ谷村でした。
代々木駅が開業する2年前、旧千駄ヶ谷村には既に甲武鉄道の千駄ヶ谷駅が開業していました。
これに対し、旧代々木村には鉄道の路線や駅がなかったことから、駅の西方の地名であった代々木が駅名として採用されたのです。
ちなみに代々木という地名は、現在の明治神宮境内の御苑東門近くに代々、樅(もみ)の巨木があったことに由来するといわれています。

代々木駅周辺には、東京スクールオブビジネス、代々木アニメーション学院、山野美容専門学校などの専門学校が多く、都営地下鉄大江戸線の代々木駅は「山野美容専門学校前」を併称としています。
駅の北側は新宿駅南口に近く、近年は新宿駅南口の再開発により、多くのオフィスや商業施設が建設されました。

また代々木は「受験生の街」として予備校が多いことで知られています。
かつては代々木といえば「代々木ゼミナール」で、西口駅前には代ゼミの校舎が並んでいましたが、現在その多くは新本部の代ゼミタワーに移転され、旧校舎の跡地には新たな商業施設が生まれています。

代々木駅周辺

エンリケさんによる写真ACからの写真


出典元『That’s 雑学フルパック』
iBooks(iPhone/iPad) | Kindle(amazon) | Google Play | 楽天kobo