1. TOP
  2. 雑学
  3. 「スマートコントラクト」とは

「スマートコントラクト」とは

スマートコントラクトとは、契約の条件確認や履行までを自動的に実行・保存していく機能・仕組みのことです。
ブロックチェーン上に取引内容や契約条件が記載され、その条件が満たされたときに自動的に契約が履行されることとなります。

このスマートコントラクトの概念を説明する際、最もシンプルな例として、しばしば挙げられるのが自動販売機です。
自動販売機も条件が満たされれば、自動的に契約が実行されますよね。つまり、「明示されている金額相当分の通貨を投入する」、「ボタンを押して商品を選択する」、「商品が提供される」という風に、契約条件が確認され、条件が満足されたときに、自動的に契約が履行される、という仕組みです。

スマートコントラクトの契約内容の改竄は事実上不可能なため、高い信頼性の契約取引の実行されることとなります。
契約が実行されると、その契約内容はすべて、ブロックチェーンに書き込まれ、履歴としてネットワーク上に保存されます。
契約書類の作成が必要なく、決済期間も短縮でき、参加者同士で直取引ができるので、セキュリティと透明性が高く、コストを抑えた契約の実現が期待されています。

自分に有利な条件で契約を結んで取引を行ない、かつ今後の取引もその条件が適用されるといった契約(約束事)について、場合によっては口頭でも有効とされています。
しかし口約束だけでは「言った、言わない」の水掛け論になって、契約が履行されないことは珍しくありません。
そういう場合にスマートコントラクトのシステムを利用して契約を行うと、契約条件や取引内容が、ブロックチェーンに記録として残り、契約上のトラブルは回避されます。同時に契約内容の改ざんなどの不正行為からも守られます。