1. TOP
  2. 雑学
  3. 「ライトコイン」とは

「ライトコイン」とは

ライトコイン(LTC)とは、2011年10月に元Googleエンジニアのチャーリー・リーによって公開された、仮想通貨です。
基本的にはオープンソースであるビットコインプログラムをベースに設計・開発されています。
ビットコインを金(ゴールド)とするならば、ライトコインは銀(シルバー)を目指す、という理念のもとに作成されました。

ビットコイン、ライトコインの両通貨は、基本的な仕組みはほぼ同じなのですが、大きな違いとして、その決済のスピードが挙げられます。
ビットコインの場合、取引がブロックチェーンに記録され、承認されるまでに約10分ほどかかります。
決済に10分のかかっては、商品代金や飲食代の支払いなどの日常的な仕様には適していません。
そこでライトコインは、取引承認時間がその4分の1の約2分半で完了するように設定されています。
また、発行枚数の上限はビットコインの2100万枚に対して、ライトコインは8400万枚と4倍になっています。マイニングに関してもライトコインの方が採掘難易度が低いとされています。

希少性ではビットコインですが、流通量・埋蔵量、あるいは日常的な決済での利用のしやすさではライトコイン、ということですから、両通貨の関係はまさに金と銀ですね。
投資ということで考えると、ライトコインは発行総量が多いので、極端に高騰することはなさそうですが、価格は安定しやすいと言えるでしょう。

現在では、ライトコインよりも取引スピードが速い仮想通貨もいくつも存在しますが、ライトコインは、ビットコインをベースにした初期から流通しているアルトコイン、という位置づけで信頼性があります。