1. TOP
  2. 雑学
  3. 「モナコイン」とは

「モナコイン」とは

モナコインとは、日本の掲示板サイト2ちゃんねるのソフトウェア板から誕生した、日本産の仮想通貨です。
2013年12月に公開され、2014年1月1日にリリースされました。
通貨の単位表記はMONA。ライトコインをベースに開発されています。
名称の由来は、2ちゃんねる発祥のキャラクター「モナー」だそうです。

モナコインのブロック生成される時間は平均でおよそ90秒で、発行枚数の上限は1億512万枚です。
これはビットコインの発行上限2100万枚の約5倍になりますから、その分、ブロック生成速度が速く、約90秒での決済が可能となっています。
プルーフ・オブ・ワークを採用しており、マイニングによって、採掘者に対する報酬が与えられます。

モナコインは、SegWit(セグウィット)を実装した、世界初の仮想通貨でもあります。
SegWitとは、取引サイズを圧縮する方法で、多数の取引処理を実現します。

モナコインは非常に強固なコミュニティが形成されており、普及活動も盛んに行われています。
2017年10月には、秋葉原の巨大ディスプレイに動画が流れ、モナコインの大きなキャンペーンが行われました。
Twitter上にはtipmona(チップモナ)という投げ銭サービスがあり、そこでTwitterを利用して、モナコインのやり取りができます。

決済手段としてのモナコインの導入を試みる動きもあります。
2017年6月、秋葉原のパソコンショップが実店舗とWeb通販でモナコイン決済を導入していますし、2014年には土地売買が成立した例もあります。
また、商品やサービスなどの出品や購入をモナコインで行うことができる、Monappyというオンライン・ウォレットもあります。
実店舗で決済手段として導入されている例はまだ少ないですが、「日の丸仮想通貨」として、これからマーケットが拡大し、大きく成長していくことが期待されています。