1. TOP
  2. 雑学
  3. 「イーサリアム」とは

「イーサリアム」とは

イーサリアムとは、2013年にヴィタリック・ブテリンがその構想を示し、2014年には運用が開始された、アプリケーションやサービスを開発するためのプラットホームの名称、及び関連プロジェクトの総称です。ブロックチェーン技術を利用しています。
イーサリアムにおける取引機能の、仮想通貨の単位として、「Ether(ETH)=イーサ」が使われています。

イーサリアムは、仮想通貨の中ではビットコインに次ぐ第2位の時価総額です。
アルトコイン(ビットコインをベースに新たな技術を加えて作られた、第二世代と呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨の総称)の中では、最も大きい時価総額です。

イーサリアムもビットコイン同様にブロックチェーン技術を利用しており、取引データの保存やセキュリティの確保がなされています。しかし、ビットコインとは大きく異なる点もあります。
それはスマートコントラクトという機能が加わっているところです。
スマートコントラクトとは、契約の条件確認や履行までを自動的に実行・保存していく機能・仕組みのことです。

イーサリアムを入手するには、取引所や販売所で購入するか、マイニングの報酬として、手に入れます。
ちなみに現在、イーサリアムはビットコインと同様に、採掘(プルーフ・オブ・ワーク)によって新規発行されていますが、将来的にはプルーフ・オブ・ステークに移行することになっています。ビットコインは発行上限が決まっていますが、イーサリアムには発行枚数の上限がありません。

イーサリアムは、金融取引や証券取引、あるいは信託、不動産取引などの分野で、利用が広がってきています。