1. TOP
  2. 雑学
  3. 「ブロックチェーン」とは

「ブロックチェーン」とは

ブロックチェーンとは、ネットワークを構成する複数のコンピューターで、金融取引などの記録を、暗号化技術を組み合わせて、管理する技術・手法です。
分散型台帳とも称され、ビットコインなどの仮想(暗号)通貨運用の基盤技術として用いられています。

ブロックとは、単位ごと(一定時間ごと)の取引履歴のデータをまとめたもので、この取引履歴の情報が、あたかも鎖(チェーン)のようにつながっていくイメージから、ブロックチェーンという名称で呼ばれています。

ブロックチェーンは、P2Pネットワーク上のコンピュータで、参加者相互がシステムを管理しあう仕組みです。
取引き記録を共有し、相互に検証・監視し合いながら、「正しい」と承認された記録をチェーンのようにつないで追加・蓄積します。これをブロック生成と呼びます。
ブロック生成には、高等数学による計算と暗号技術が用いられ、この膨大かつ複雑な計算が不正からシステムを守っています。
また、ブロックチェーンは、保存・公開されていて、だれでも閲覧できますから、透明性も確保されています。
いわばブロックチェーンは、正しい取引の履歴を残すシステム、正しい分散型台帳を実現する手法、といったところでしょうか。

ブロックチェーン技術は、サーバーを必要とせずに記録を残すことができるため、コストを抑えて運用することができます。
元々は仮想通貨・ビットコイン取引のための基幹技術として開発された仕組みですが、ビットコインのみならず、現在では、様々な仮想通貨やフィンテック(金融とITの融合・IT技術を利用した新しい金融サービス)を含む多様な情報技術分野での応用が進められています。