1. TOP
  2. 雑学
  3. 「マイニング」とは

「マイニング」とは

マイニング(mining)とは「採掘・採鉱」という意味です。
仮想通貨におけるマイニングとは、取引き情報の処理と新たな仮想通貨の発行を指します。
マイニングを行う人をマイナー(採掘者)と称しています。

仮想通貨(本稿では主にビットコインを例にとって説明します)は、一定期間ごとにすべての取引情報を、ブロックチェーンと呼ばれる取引台帳に追記(ブロック生成)していきます。
追記処理は、ネットワーク上に保存されている取引台帳データと、対象期間に発生した取引情報の整合性を管理しながら行なわれます。
作業は、分散保存されている取引台帳と、追記対象の取引情報のすべてを正確に検証しなければいけませんから、コンピューターによる膨大で複雑な計算処理を必要とします。
そこで、この追記処理を成功させた人には、報酬としてその仮想通貨が支払われます。
支払われる通貨は新たに発行され、この瞬間に通貨の新規発行となりますから、つまり報酬とは、新規発行された通貨を得る行為、ということになります。

上記のような、ブロックチェーンへ連結(ブロック生成)し報酬を得る、一連の流れを、採掘者(マイナー)が鉱山から金を掘り起こす採掘(マイニング)する行為になぞらえて、「マイニング」と呼ばれているわけです。
マイニングは、プルーフ・オブ・ワークという仕組みがセキュリティを保つ役割を果たしています。

マイニングは、原則的に誰でも参加できますが、現在では高性能コンピューターと大量の電力が必要条件となっており、実質的にそれら利用できる環境になければ成果を上げるのは難しい状況です。
競争も年々激戦していますから、それ専用の設備がなければ新規参入も難しく、最近では事業として企業がマイニングに参入する例が多いようです。
また、報酬をもらえるのは、最も早く新しいブロック生成に成功したマイナーのみです。
かの蓮舫氏の名言?を拝借すれば「2番じゃダメなんです」というところでしょうか。

それでも個人でマイニングへ参加してみたいという方には、クラウドマイニングがあります。
これは、マイニングの業者に投資をして、配当を狙うというものです。なかにはかなりの高利回りのところもあるようです。

ビットコイン以外にもマイニングができる仮想通貨は、ライトコインやモナコイン、イーサリアム、モネロ等々、多数存在します。