1. TOP
  2. 雑学
  3. 「プルーフ・オブ・ワーク」とは

「プルーフ・オブ・ワーク」とは

プルーフ・オブ・ワークとは、非中央集権のビットコインなどの仮想通貨において、各取引認証の計算・算出を行ない、意思決定をするためのデータシステムです。
計算手段としてハッシュ関数が用いられています。

中央管理者が存在せず、マイニングには、誰でも参加可能ですから、当然不正を行う悪意の参加者の存在も想定されています。
そこでプルーフ・オブ・ワークの要求する、膨大かつ複雑な計算と参加マイナーたちの共同管理が、中央管理者が不在でも、システムのセキュリティを保ち、仮想通貨の正当性が保障される、ということなのです。
ただコンピュータの計算資源や電力の大幅消費という観点でみると、効率のよくない仕組みです。