1. TOP
  2. その他
  3. お祝い事や弔事などの熨斗(のし)袋、熨斗紙の書き方

お祝い事や弔事などの熨斗(のし)袋、熨斗紙の書き方

上段の真ん中には「表書き」の言葉を大きく書きます。
贈る目的にあわせて、言葉を選びます。

(例) 御祝 内祝 御霊前など

下の段には、贈る側の名前をさきほどの「表書き」よりも小さめに記入します。

連名で贈る場合は、中央に1人、左側に1人、名前を入れます。

筆を使い、楷書で記入します。
弔事には、薄めの墨で、慶事には濃いめの墨で書きます。

祝儀袋


執筆者:野村 奈央
(イメージコンサル、企業研修講師etc)
HP | Blog