1. TOP
  2. 経済用語
  3. ノウハウ

ノウハウ

ノウハウとは、一般的には、ものごとのやり方(手続き)に関する知識全般という意味合いで、積み重ねてきた、開発や生産・製造、販売、営業、管理、サービス、マーケティングなどの、やり方や運用に関する手続き的な知識や情報のことです。
客観的な形式知(記号や言語で表現される知識)としてマニュアル化されている場合もありますし、主観的な個人知や暗黙知として保持されている場合もあります。

また、「ノウハウ」という言葉は、知的財産のひとつ、特許用語のひとつとして用いられる場合もあります。
この場合は、主に産業上利用可能な技術や経験、知識など、実施に必要な機密情報を指します。成分表や設計図、技術的手順や教育・研修システム等々がこれに当たるでしょうか。「技術秘訣」などと訳す場合もあります。

企業は、製品の製法や製造過程のように、完成品を見ただけではその技術内容がわからないものについては、特許として公開せずに、ノウハウとして秘匿することを選択するケースがほとんどです。
この場合、特許法の保護は受けられませんが、営業秘密の要件を満たしていれば、不正競争防止法の保護を受けることも可能です。