行動経済学のビジネス用語一覧22選

ウィンザー効果

当事者から直接言われるよりも第三者から間接的に伝えられたほうが、信憑性・信頼性が増す、という心理効果です。

オトリ効果

現実には選ばれる可能性の小さい選択肢を混ぜることによって、意思決定を変化させる心理効果のことです。

カリギュラ効果

禁止されるほど逆にそれをやってみたくなる心理現象のことです。

希少性の法則

生産資源や財・サービスの経済的価値は、それらの希少性に依存する、という考え方です。

権威への服従原理

人は権威のあるものを信頼し、正しいと思ってしまう、という心理現象のことです。

コンコルド効果

それまでの投資を惜しみ、損失が拡大することがわかっていても、その投資がやめられない状態を指します。

コントラスト効果

ある基準となる価格を示された後に、それより安い価格が提示されると、実際の価格差以上に安さを感じてしまう心理的な効果のことです。

ザイオンス効果

その人や物に何度も繰り返し接することにより、好感度や評価が高まっていくという効果です。

視線解析

人の視線の動きを追跡・記録し、分析する調査手法のことです。

シャワー効果

デパートやスーパーなどの商業施設において、上階に集客し、店舗の上から下への客の流れを作ることによって、「ついで買い」などを誘発し、店舗全体の売り上げの増加を図る手法、もしくは売り上げが増加すること、です。

初頭効果

最初に与えられた情報が、後の印象に影響を及ぼす効果のことです。

親近効果

物事の最後に起こったことや与えられた情報が記憶に残りやすいという心理効果のことです。

宣言効果

周囲の人たちに目標を宣言することによって、その達成率が上がる効果のことです。

ツァイガルニック効果

人は達成した事柄よりも、未達成の事や中断している事のほうをよりよく記憶し、興味を持つ、という現象で、心理学者のブルーマ・ツァイガルニックによって示された考え方です。

ハロー効果

ハロー(halo。helloではありません)効果とは、対象を評価するとき、ある特徴やイメージに影響されて、全体を含めた他の評価まで歪められてしまう(認知バイアス)心理現象です。

バンドワゴン効果

ある選択肢を選択している人が多ければ多いほど、さらにその選択肢への需要が大きくなる現象のことです。

バーナム効果

誰にでも当てはまるような曖昧かつ一般的な説明を、自分だけに当てはまるように感じてしまう心理現象です。

ピグマリオン効果

主に指導的立場の人間からの期待によって、学習者・対象者からやる気が引き出され、その期待に応えるようになるという現象です。

フレーミング効果

同じ情報でも提示の仕方や表現の方法が変わることによって、受け取る側の印象も変わる効果のことです。

辺報性の原理

スーパーで試食をさせてもらうと、直接店員とやり取りしたことも相まって、なるべく買おうという気持ちになります。また無料コーヒー券をもらってお店に行った際、コーヒーだけでは申し訳ないと思い、その他の商品も注文してしまう心理です。

マッチングリスク意識

商品を購入する際に、「これは自分に合うだろうか」「効果がなかったらいやだな」などと、不安になる心理現象のことです。

モデリング

対象物を見本にして、その動作や行動を真似することや、真似したくなる心理のことです。

クイズで学ぶ!行動経済学のビジネス用語23問