1. TOP
  2. 敬語
  3. 社会に出る前に直しておきたい、学生言葉

社会に出る前に直しておきたい、学生言葉

社会の現場で学生言葉を使うと、人によっては印象を著しく悪くします。一度ついた印象はなかなか変わりません。ちょっとした言葉遣いで損をしないよう確認しておきましょう。

×「マジですか?」→ ○「本当ですか?」
×「○○じゃないですか、」→ ○「○○なもので、」
×「やっぱ」→ ○「やはり」
×「っていうか」→ ○「と申しますか」
×「ヤバイ」→ ○「まずい」
×「むずい」→ ○「むずかしい」
×「ですっけ?」「でしたっけ?」→ ○「でしょうか?」「でしたか?」
×「自分的には」→ ○「わたくしは」
×「もしもし」→ ○「はい」「お電話ありがとうございます」
×「それじゃあ」→ ○「それでは」
×「食べれます」→ ○「食べられます」
※「ら」抜き言葉
×「横浜とか行きます」→ ○「横浜に(など)行きます」
×「別にいいですけど」→ ○「別に構いません」
×「めっちゃ」→ ○「とても」
×「ありえなくないですか?」→ ○「信じられませんよね」
×「パニくる」→ ○「焦る」

その他・・・
「~みたいな」「なにげに」「超」「ゲットしました」「ちがくて」「ビビりました」「なんか~」「とか」なども、出ないように気をつけましょう。