1. TOP
  2. 敬語
  3. 覚えておきたい、ビジネスシーンで使うお詫びの言葉・フレーズ

覚えておきたい、ビジネスシーンで使うお詫びの言葉・フレーズ

いつなんどき、謝罪をしなければならない場面が来るかわかりません。即座に正しいお詫びの言葉が出てくるよう、しっかりと覚えておきましょう。

「申し訳ございません」
「誠に申し訳ございませんでした」
「ご不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」
「この度は私どもの不手際で、大変ご迷惑をおかけいたしました」
「私の不注意によりご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした」
「勉強不足で申し訳ございません」
「この度はお騒がせいたしました」

「私の不行き届きで」
「考えが至りませんでした」
「考え違いをしておりました」
「考えが及びませんでした」
「不用意な行動を深く反省しております」

「おっしゃるとおりでございます」
「お怒りはごもっともです」

「なんとお詫びを申し上げてよいのか」
「お詫びの言葉もございません」

「今後、十分注意して参ります」
「出直して参ります」
「二度とこのようなことがないようにいたします」
「今後、このようなことがないように徹底してまいります」
「今度こそ、肝に銘じます」