1. TOP
  2. 敬語
  3. クッション言葉とは?

クッション言葉とは?

言いにくいことを伝えやすくする言葉。依頼、催促、反論、拒否・断る、などをする際、用件の前に一言加えて印象を和らげる言葉。ストレートに伝えると刺々しくなる用件に活用したりする。
(例1)「少々お待ちください」→「”恐れ入りますが”、少々お待ちください」
(例2)「ご連絡先を教えてください」→「”差し支えなければ”、ご連絡先を教えてください」

主なクッション言葉リスト

●依頼
「お手数をお掛けしますが」
「恐れ入りますが」
「大変恐縮ですが」
「ご面倒をお掛けしますが」
「ご都合がよろしければ」
「ご都合のよい時で結構なので」
「勝手を申し上げますが」
「差し支えなければ」
「申し訳ございませんが」
「よろしければ」
「お手をわずらわせますが」
「お尋ねしたいことがあるのですが」
「伺いたいことがあるのですが」

●催促
「重ね重ね申し訳ありませんが」
「急かすようで申し訳ありませんが」
「色々とご事情がおありでしょうが」
「ご多忙のためと拝察致しますが」

●反論
「お言葉を返すようですが」
「大変申し上げにくいのですが」
「おっしゃることはわかりますが」
「確かにそのとおりではございますが」
「失礼とは存じますが」

●拒否・断る
「あいにくですが」
「せっかくですが」
「申し訳ございませんが」
「大変残念ですが」
「大変申し上げにくいのですが」
「ご期待に添えず申し訳ございませんが」
「誠に恐縮ですが」
「お役に立てず大変恐縮でございますが」
「身に余るお話ですが」
「お気持ちはありがたいのですが」