【電話応対】携帯電話に関するミニテスト

Q1『携帯電話で話すときの適切な行動はどれですか。』

  • 携帯電話は個人的なツールであり重大・極秘の会話に適しているので、そのような話を積極的にする。
  • 携帯電話は外出中に用いることが多いので、常に第三者に会話を聞かれる可能性を考慮に入れ、重大・極秘な会話は極力避ける。
  • 携帯電話では重大・極秘な会話は厳禁であり、そのような会話になったときは即座に切る。
正解!不正解
Answer:携帯電話は外出中に用いることが多いので、常に第三者に会話を聞かれる可能性を考慮に入れ、重大・極秘な会話は極力避ける。

携帯電話での会話は当事者以外にも聞かれる可能性が高いので、ビジネス上重大な話をするのは極力避けるべきです。やむを得ない場合は場所を選んでこちらからかけ直してください。

Q2『先方の携帯電話と通話中に電波状態が悪くなり、切れてしまいました。こちらすぐにかけ直しても通話圏外等でつながりませんでした。しばらくして、先方がかけ直してきました。その際の適切な対応はどれですか。』

  • 「ありがとうございます」と礼を言い、電波の状態が本当に大丈夫かどうかを相手に丁寧に確認してから会話に入る。
  • 「ありがとうございます」と礼を言い、また切れることの懸念を丁寧に伝え、固定電話からかけ直してもらう。
  • 「こちらからご連絡できずに申し訳ございませんでした」と詫びてから、用件の続きに入る。
正解!不正解
Answer:「こちらからご連絡できずに申し訳ございませんでした」と詫びてから、用件の続きに入る。

向こうからかけ直してもらった場合は、たとえこちらに非がなくても、まずは丁寧にお詫びの言葉を述べてから、さきほどの用件の続きに入るのがマナーです。

Q3『仕事上で使用する電話は携帯電話と固定電話のどちらを優先すべきですか。』

  • 固定電話
  • 携帯電話
  • どちらでも構わない
正解!不正解
Answer:固定電話

携帯電話は電波上状況によって、落ち着いた会話ができにくいことが多々あります。できれば固定電話を使用してください。外出中でも公衆電話等がみつかったら、そちらを使用してください。

Q4『会議中・打合せ中などのとき、携帯電話はどのような状態にしておくべきですか。』

  • 常に電源を切っておく
  • マナーモードか電源オフか適宜使い分ける
  • 常にマナーモードにしておく
正解!不正解
Answer:マナーモードか電源オフか適宜使い分ける

携帯電話の振動音は意外に響くものですから、本来は電源を切っておくのが望ましいです。しかし振動音が気にならない状況や会議が長引き、重要な連絡が入るかもしれないときは臨機応変マナーモードにしてください。

Q5『携帯電話をかける時間として適切なものはどれですか。』

  • 携帯電話に関してはかける時間は特に問わない
  • 携帯電話であってもなるべく業務時間内にかける
  • 携帯電話はなるべく業務時間外にかける
正解!不正解
Answer:携帯電話であってもなるべく業務時間内にかける

携帯電話であってもなるべく業務中にかけるのがビジネス上の礼儀です。しかし相手から特に要望のあった場合や業務時間外でも相手が仕事をしていることがわかっているときは、丁寧にことわってから話してください。