1. TOP
  2. 経済用語
  3. ベア

ベア

ベア(ベースアップの略称)とは、物価の上昇などによる賃金の目減りや賃金相場の変動に合わせ、給与の基本給部分を書き換えて、全社員の賃金を一律に引き上げることです。
各人の年齢や勤続年数に応じて毎年の給与を増やす定期昇給とは別のものとして考えます。

ベアは、一般に物価の上昇分などをもとにして、労働組合と使用者側との交渉によって決められます。ベアの引き上げ幅について労使間で交渉する場が春闘です。

かつてベアは当たり前のように行われてきましたが、現在ではデフレ経済の進行によって物価が抑制されていること、また成果主義の報酬制度を導入する企業が増えていることもあり、ベアの要求は厳しくなってきています。
また長引く不況などで、人件費総額を抑えるために、ベアそのものを凍結・廃止している企業も増えてきています。